結婚して辞めて出向く輩を見て・・・

あたいは看護師の役割が好きで、自慢を以て働いていました。ライフスタイルこういう役割を続けていくという気持ちで生徒の辺りから受講を通じて、やっと要望であった看護師になれたのです。但し、30年代を過ぎてから、周囲の個々がひっきりなしにウェディングを通じて役割を辞めていったのです。そうしてかつての個々たちは、妊娠して分娩を通じてお母さんになっていきました。ある日、元個々から「これからウェディングしないと、ライフスタイルセルフのままだよ、息子も産みたいならば35年代までに妊娠しないと心苦しいよ。」というようなことを言われました。あたいはとてもビックリでした。その時に初めて、役割を辞めたいという心持ちが生まれました。その後も看護師として働いていましたが、年下の後輩が結婚をきっかけに辞めていったのです。だんだん辞めたいという心持ちがすごく膨れのぼり、あたいは原則役割を辞めたのです。自分の生涯は単発だ。看護師としての役割はとても素晴らしいですが、あたいは自分自身の幸せも大切にしたいと思いました。辞めたからこそ、冷静になって身を見つけることができました。そうしてウェディング委託会社で出会ったパパとウェディングをすることができました。どのように生きていくかということを極力早めに計画しておくことが大切です。